漫画 実写化 条件

漫画を実写化する時の条件とは

昨今では漫画を原作とした映画やドラマが多数制作されています。
漫画から派生したものは、実写化に伴う条件をクリアしていること一番の理由です。
実写化する為の条件というのは、漫画が売れているかどうかです。
人気がある作品であれば、実写化しても視聴してくれる人が見込めます。話題性にも強く、キャスト次第では大成功を収めることも可能なのです。

ただし、漫画の実写化は人気があればあるほど原作ファンにバッシングされやすいのも事実です。
漫画は偶像の世界のものであり、実際に存在するような人をモチーフにしてはいません。
女性向けに描かれているものの多くが男性はイケメンですし、ヒロインも美人です。
歯の浮くようなセリフであっても、漫画なら許されますが実社会で言われたら気持ち悪いとすら感じてしまいます。
その為、女性に人気の作品を実写化すると大概がこけてしまうというのも事実なのです。

逆に、男性向けの作品が実写化したことで人気がより高まることもあります。
このような成功例としては、原作に忠実に再現しているという特徴があります。
特に起用するキャストに注目が集まっているのです。
演じるキャスト次第で、人気が出るか出ないか明暗がはっきりしているのも実写化のリスクと言えるかもしれません。

売れている、人気があるというだけで実写化するのはかなりリスクが高いのですが、成功した場合には大きな興行収入が見込める為映画関係者は漫画を原作とした作品を作り続けているのです。
映画がヒットすれば自ずと原作も売れますので、相乗効果が期待できます。
もし映画があまり面白くなくても、メディアで取り上げられることが増えれば原作を読んでみようと思う人が少なからず出てきます。
リスクはありつつも、メリットも大きいので未だに作られ続けているのです。
今年公開された映画も漫画原作の作品が多数ありますから、このような流れはしばらく続くのではないでしょうか。
原作ファンが納得するものを作り続けて欲しいものです。